« 小粒すずめ■ トゲトゲオーラばあちゃんとの20年戦争 | トップページ | 浜崎広■ 雑誌の死に方――“生き物”としての雑誌、その生態学 »

斎藤美奈子■ 誤読日記

20060926godokusaitou

 消えゆく私小説の伝統はタレント本に継承されていた。

 以前、拙著(『読者は踊る』)の中で書いた一文である。この見解にいまも変更はない。

タレント本というジャンルは「有名人や芸能人が自らの知られざる日常や半生を綴った(語った)本」として、すでに定着しているのではないかと思う。

 芸能ニュースのネタにはなっても、読書人には軽くあしらわれるタレント本。だが、見方を変えれば、そこには積極的な価値も見いだせる。旧来の伝記に代わる本、としての効用である。

いわゆる偉人伝は、戦後日本の読書界、とりわけ小中学生の読書界の花形だった。本当にいた人の話」には、みんな興味をもつのである。

 しかし、時代は移り、野口英世やナイチンゲールに自らを重ね合わせるのは、さすがにむずかしくなってきた。そこでタレント本の登場となる。

■ 誤読日記|斎藤美奈子|朝日新聞社|200507月|ISBN4022500328

★★★

《キャッチ・コピー》

ワイドショー気分で読みまくり全175冊!!ミーハー書評の決定版。

|

« 小粒すずめ■ トゲトゲオーラばあちゃんとの20年戦争 | トップページ | 浜崎広■ 雑誌の死に方――“生き物”としての雑誌、その生態学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 斎藤美奈子■ 誤読日記:

« 小粒すずめ■ トゲトゲオーラばあちゃんとの20年戦争 | トップページ | 浜崎広■ 雑誌の死に方――“生き物”としての雑誌、その生態学 »