« 玉川しんめい■ ぼくは浅草の不良少年―実録サトウ・ハチロー伝 | トップページ | 立川談志■ 談志が死んだ――立川流はだれが継ぐ »

立川談四楼■ 大書評芸

20061020daisyohyoutatekawa

そもそも書評とは一体何であろうかと。それを探るべく、ありとあらゆる書評に目を向けた。もちろんいいものもあるが、多くは単なる提灯記事であり、やっつけ仕事であることがわかった。無署名でアラ筋だけというのもあり、自惚れとは恐ろしいもの、これなら勝てると思った。(……)

大間違いだった。いや志は悪くないのだが、現実が嫌応なく立ちふさがるのだ。これだと思った本がよくハズれ、あわててもう一冊読んだら大ハズレで……そうなるとパニック、〆切は迫り、何度ナナメ読みのやっつけ仕事という誘惑にかられたことか。で、ヘトヘトになった挙句の報酬がまた安いんである。

ならやめればいいじゃないかというのは今度は読者の間違いで、そこが持ったが病というやつなのである。書店で、オレを見殺しにするのかと棚から囁かれてごらんなさいあなた。どうしたってねえ……。

■ 大書評芸|立川談四楼|ポプラ社|200503月|ISBN459108602X

★★★

《キャッチ・コピー》

当代随一の手練れが、一席ずつ料理する。こんな贅沢な話があっていいのかしら。涙と怒りとユーモアと。書物をめぐる連続独演会へようこそ。

memo

 読みたい気にさせる無類に明るい書評集。

|

« 玉川しんめい■ ぼくは浅草の不良少年―実録サトウ・ハチロー伝 | トップページ | 立川談志■ 談志が死んだ――立川流はだれが継ぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立川談四楼■ 大書評芸:

« 玉川しんめい■ ぼくは浅草の不良少年―実録サトウ・ハチロー伝 | トップページ | 立川談志■ 談志が死んだ――立川流はだれが継ぐ »