« 絲山秋子 ■ イッツ・オンリー・トーク | トップページ | 角川春樹 ■ わが闘争――不良青年は世界を目指す  »

藤原審爾 ■総長への道(前篇)(後篇)(番外篇)

200605

「やくざってものは、そうでなくっちゃいけねえンですよ。人間の屑で、ろくでなしなんですよ。

こんなものは、はやくなくなってしまうのが、世の為なんですよ。

そこが大根(おおね)のことで、それをちゃんと知ってるから、命を賭けやすいんですよ。度胸ばかりで命を賭けるのは、自棄(やけ)ってことでね。

それも時と場合ですが、しかしねえ、そこのところを恥じていなきゃ、人間の屑だと思ってなきゃ、まともに、表を歩けませんぜ。馬鹿じゃねえンですからね。

だから商売でもしてもちっとらくに暮そうと、人並のことを考えるのが、恥しくてね、許せねえんですよ」

『総長への道』藤原審爾|前篇・後篇・番外篇|角川書店|19801983年旧版文庫|ISBN4041257131404125714X404125728X

★★★

《キャッチ・コピー》

激動の昭和初期。急速に発達する資本主義の波にのまれ、やくざは一介の暴力団と化しつつあった。自分をおしころしても仁義に生きるか。それとも、力だけを頼りに人を従えていくか。「男とは何か」を現代に問う、任侠小説の白眉。

|

« 絲山秋子 ■ イッツ・オンリー・トーク | トップページ | 角川春樹 ■ わが闘争――不良青年は世界を目指す  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 藤原審爾 ■総長への道(前篇)(後篇)(番外篇):

« 絲山秋子 ■ イッツ・オンリー・トーク | トップページ | 角川春樹 ■ わが闘争――不良青年は世界を目指す  »